Ferrari Blog Ranking

フェラーリのランキング
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
Search
New entries
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Categories
Archives
Ferrari Links
Recent comment
  • 【お知らせ】「フェラーリ情報」更新をお休みします
    まさ (12/19)
  • 【お知らせ】「フェラーリ情報」更新をお休みします
    ngr (10/02)
  • 【お知らせ】「フェラーリ情報」更新をお休みします
    toshi (10/02)
  • 【お知らせ】「フェラーリ情報」更新をお休みします
    mirai (09/30)
  • ディーノ246GTの画像
    dd (09/16)
  • フェラーリ488GTB/488スパイダー価格改定?
    h,noguchi (07/25)
  • フェラーリ328GTSの画像
    shigerosso (03/21)
  • フェラーリ・レーシング・デイズ 鈴鹿 2016、チケット販売開始
    xx (02/20)
  • フェラーリ488スパイダー インプレッション by CORNES MOTORS BLOG
    。 (10/22)
  • 知多半島でフェラーリ458スパイダーとチャンレンジストラダーレがクラッシュ
    管理人 (05/06)
Editor's Profile
profilephoto
Twitterはこちら
facebookはこちら
Admin
PR



スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : - |
  • |
  • - |
  • - |


フェラーリ仲間と品川埠頭へドライブ


以前紹介した品川埠頭での撮影。みんなも行く!ってことになったのでフェラーリ仲間と再び品川埠頭へ。

今回の撮影機材はライカM9にノクチルックス50mm F1.0。解放でf1.0という驚異の明るさのレンズです。今回は友達の車を撮影するので緊張する・・・。



まずAさんのフェラーリ430スクーデリア。赤いボディにグレーのストライプがいいですねぇ。



後ろ姿も430とは別物の迫力あるスタイル。ノーマルマフラーでも野太い迫力のあるサウンドでした。



こちらはSさんの360スパイダー。もともと僕が載っていたもので、チャレストからこれに乗り換えとなったものです。



スパイダーはルーフを開けるととてもワイド&ローなスタイリングになり、本当にかっこいいです。



Yさんのポルシェ・ケイマン。フェラーリを買う予定だったのになぜかケイマンを購入とのこと。これを頭金にして次こそフェラーリの世界へお待ちしております!



911とはまた違った表情を見せるリヤ周り。テールライトが現代的で素敵です。



3台並べてみました。どれも魅力的な車ですねぇ。



リヤから。たまりませんね。ということで無事撮影も終了です。



すると、突如雨が降ってきて・・・車談義もほどほどにそのまま解散となったのでした。

なお僕はフェラーリ328GTBを出撃させずにBMWで行ったのでした。前回撮影してますしね。

うちのBMWはかっこいいんですけど、さすがに友達の車に比べると見劣りするので今回は写真はなしで・・・。

ではまた!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 11:51 |
  • comments(0) |
  • - |


コーンズの会員制ラウンジ「Cornes 1861」行ってきた


先日、コーンズ様から会員制ラウンジ「Cornes 1861」のご案内をいただきましたので行ってきました。



場所はコーンズ・フェラーリ青山アトリエの3Fにあります。
このビル、1Fはショールーム、2Fはテーラーメイド専用のコーナーとなっています。
3Fには窓がないため何があるのか外からはわかりません。



夜なんで、ショールームの営業が終わっていますので、入り口のインターフォンで連絡します。
「1816」とちゃんと書いてありますので、わかる人にはわかるという仕組みです。



今回はショールームにF12ベルリネッタが展示中でした。美しいなぁ。12気筒なのも魅力ですし、このスタイル、古き良きFRって感じでたまらないです。



さて。フェラーリの写真が飾られた階段を上って2Fへ向かいます。白と赤いコントラストがフェラーリらしさに溢れています。



目的地は3Fですが、2Fのテーラーメイドコーナーもちょこっとのぞかせてもらいました。



色とりどりの素材が並びます。見たことのない色合いのシートも展示されていました。さすがテーラーメイドですね。



続いて3Fに向かいます。お。ありました、1861!

「1861」という一見変わった名前のお店ですが、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドが創業したのが1861年だからとのこと。なんと、江戸時代末期、文久元年創業という超老舗なんですね。



ここから急に白と赤ではなく、黒の高級感のある雰囲気に変わります。



ラウンジに入りました。要予約のラウンジなので予約名を告げます。
それにしてもなんて高級な空間!コーンズのお客様に相応しい内装ですね。

カウンター席が6席、テーブル席は2つ。同じ時間帯に3組までの予約しか受け付けていないそうです。常にゆったりした空間になります。そして基本的にはコーンズで売られている車のオーナーというわけですから、本当に特別な場所ですね。



今回カウンター席に座らせてもらい、いろいろとフタッフの方に話を聞くことに。
ナプキンに1861 CORNESのロゴ、そしてフォークとナイフは跳ね馬の上に置かれています。細かいところまで素晴らしいです。



初めてのお客の場合はお店の人にコースをおまかせするという仕組みです。嫌いなもの、好きなものがあれば伝えれば対応してもらえます。



サラダ、テリーヌ、鮎、牛肉、パスタ、デザートなど合計7種類程度をいただきました素材の良さを生かしたイタリア料理が非常に素晴らしいです。



そしてお酒がすごいです。イタリアワインのソムリエが最適なワインを選んでくれます。高級なワインもグラスで頼めるということでいろいろな種類を楽しむにはぴったりです。



イタリアから大量に高級ワインを仕入れているそうです。ワインリストを見させていただきましたが、大量な種類があるのは当然として、なぜか激安という良心的なお店なのでした。それもそのはず、コーンズのお客様たちにくつろいでもらうためのスペースであって、利益がどうこうという話ではないからだそうです。素晴らしすぎます。



内装はすべてワンオフで作られたもの。車好きにはたまらないディテールでした。カーボン調だったり、バックスキンつかっていたりとか。



店内に飾られた日本画の屏風。これも目を引きますね。新進気鋭の日本画家、山本太郎さんの作品とのこと。 (議員の山田太郎ではないです。)



なんとその絵の中に、フェラーリF40が描かれています!

ということで、落ち着いた雰囲気の中でフルコースのディナー、厳選したイタリアンワインを楽しめる、最高のスポットだと思いました。深夜まで営業しており、休日はランチ営業もあるそうです。

行きたい方はコーンズで車を購入して、担当セールスに電話番号を教えてもらって、予約してから行ってみてください。もしくはコーンズのお客さんに連れて行ってもらいましょう。(^ ^)

ではまた!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 21:05 |
  • comments(0) |
  • - |


我が家のフェラーリ用「工具箱」ゲット!


車は大学時代からずっと乗り続けているのでそれなりに工具は持ってるんですが、せっかくのフェラーリオーナーなんで、工具箱にもこだわろうということで、USAGのフェラーリコラボモデルの工具箱を購入しました。

もっとも、ぜんぜんメンテとか自分でしないし、ましてフェラーリをいじくろうというわけでもないんですけどね(^-^;)



「USAG 530」をベースにスクーデリア・フェラーリ仕様になっているものです。フェラーリのマークや引き出しの黄色いカラーが特別なフェラーリモデルです。



蓋をあけると黄色い箱がでてきます。これは取り外し可能になっています。適当にもっている工具を詰め込みます。残念ながらUSAGの工具はもってないのでBeta、Snap-on、KTCなどばらばらですけど。



蓋の裏にもフェラーリのマークが入っているのがたまりません。そしてスクーデリア・フェラーリのオフィシャルサプライヤーとちゃんと表示されています。フェラーリF1チームのメカニックが使っていたと思うと胸熱です。



引き出しは2段構成で結構なボリュームで工具が入ります。真ん中にはソケット・スパナ類、下段にはその他のツールを突っ込んでみました。今まで使っていた工具箱よりも巨大なので余裕で入りました。

その分持ち運ぶのが非常に苦痛なほど重いです。持ち運ぶものではない感じですね。



でもまぁ、眺めてるだけでもスクーデリア・フェラーリ気分が盛り上がるので最高です!

ちなみにですが、スクーデリア・フェラーリの工具のオフィシャルサプライヤーとしてUSAG以外にもbetaやfacomが有名です。シーズンによってことなっていますが、まぁそれはお好みで。

■USAG

イタリアの工具メーカーで、イタリアンメカニックシェアナンバーワン。赤いモデルはフェラーリにぴったり。

■beta

イタリアの工具メーカーでモータースポーツを支援していることで有名。オレンジ色がトレードマーク。

■facom

フランスでN0.1の世界レベルの総合工具メーカーとして有名ですね。

工具は見てるだけで欲しくなってきて怖いですね。高級工具はいいお値段しますし。

ということで、また!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 14:41 |
  • comments(0) |
  • - |


フェラーリ・レーシング・デイズ 富士 2015、チケットが届いた〜!


先日、FRDのチケットが届きました。



いろいろ書類が入ってましたので事前に確認しておかないとですね。



オーナー専用のカード、ストラップまでフェラーリのエンブレムが付いてて非常にかっこいいなぁ〜!

参加するのが楽しみですね。当日はいい天気でありますように!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 21:35 |
  • comments(0) |
  • - |


フェラーリチャレジストラダーレの助手席ドライブ


S氏のフェラーリチャレジストラダーレの助手席に乗せてもらいました。



牽引フックがつけてあったり、フロントスポイラーの迫力も、小振りなカーボンミラーも、ノーマルの360オーナーからすればやたらと違うように思えます。うー(^-^;)



乗り込むと3点式シートベルトがついておらず、4点式シートベルトを締め上げるところからスタートです。すごいな・・・。

内装を見ると随分360とは違います。インパネ上部は黒いバックスキンで映り込みを防ぎ、下部は通常の赤いレザーのツートンです。そしてドア、センターコンソールはすべてカーボン。心なしかドアを閉める時にドアも軽いような気がします。すごいなこれ・・・。

そして初めて間近で見るF1シフトの素早い操作。反応の遅れなんてまったく感じさせません。僕のマニュアル操作の方が遅いのは間違いありません。



内装全般の質感もデザインも違いますが、メーターは特に印象が違いますね。360のアルミパーツがカーボンに置き換えられているし、黄色いメーターはレーシーで雰囲気ありますね。



音はノーマルマフラーなので重低音が響く迫力のあるものですが、キダスペに慣れてしまった身体には大人しい・・・というかフェラーリっぽくないという気もします。ただバブル解放する爆音スイッチ入れると迫力はさらに増します。でも高音ではなく、音量が大きくなるイメージです。この領域はマフラー交換した360の方が刺激的かと思います。

ただ加速は凄まじいです。ちょっと軽くてちょっとパワーアップしてるだけでこんなに違うのかという感じです。足回りも引き締まってますし、これじゃあ普通の速度で走ると退屈というオーナーの気持ちもわかります。



性能面もすごいんですが、内装の硬派っぷりが尋常ではありません。ロールバーにフルバケに4点。国産のスポーツカーならともかく、フェラーリでこれですからね。



普段スパイダーに乗ってると振り向いてもエンジンは見えないんですが、ベルリネッタだと室内からエンジンルームというかエンジンが見えちゃうのもいいですね。チャレストは特にエンジンルーム内もカーボンだし、ガラスもプレクシガラスで補強バーが入っていたりとか雰囲気あります。

ということで助手席ドライブを堪能させていただき、S氏には感謝です。

今度はうちの助手席を堪能してください。

では、また!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 06:34 |
  • comments(0) |
  • - |


ロッソスクーデリア青山通りショールーム見学


たまたま青山に用事があったので、10/23にできたロッソスクーデリアの新しいショールームを見学してきました。



青山通りで、青学の向かいの国連大学の隣、青山ブックセンターの手前です。いい立地ですねぇ。



ビルの中にショールームが設置されていて、ショールームに行かない人もつい見てしまう感じになっています。



ショールームはフェラーリのパネルも貼られていて雰囲気あります。



億にはフェラーリディーラーらしく、シート・ステアリング・革の色などを選んだりするためのコーナーが設置されています。



今日はフェラーリ・フォーとフェラーリカリフォルニアの2台が展示されていました。

フェラーリと言えばミッドシップで赤・・・という時代ではない感じですね。(^-^)

青山近辺の富裕層の方はこういうのを選ぶんだろうなという展示車両でした。

では!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 22:39 |
  • comments(0) |
  • - |


フェラーリのiPhoneケース愛用中!


フェラーリ純正のiPhoneケースはいろいろなシリーズが出ていますが、僕はiPhone5 フェラーリFFモデルの、ブラックレザーに赤ステッチのものを愛用しています。



キャバリーノランパンテはシルバーでちょっと目立ちますが、黒い革がとてもしっくりきて気に入っています。

これはフェラーリストアで注文してイタリアから届いたものです。値段は国内と変わりませんけど、いろいろ税関とか面倒なのは事実でが、日本で使ってる人がいないのはちょっと魅力です。



裏を覗くと、CG MOBILEのロゴが。ここがつくっています。取り付けもしっかりしてますし、はずすのも簡単で、いい作りだと思います。



いままで使ってきたフェラーリなiPhoneケース。買い過ぎですよね、はい・・・。
一番奥のは純正ではないハードタイプのもの。真ん中は国内で流通している純正品、手前が本国仕様の純正品。

別に使い分けてる訳じゃないんですけど、つい買ってしまってきたのでした。でも乗ってない時もフェラーリオーナー気分を満喫できるのが素敵です。誰に見せる訳ではありませんけど。



国内で普通に流通しているのは右側の黒いタイプ。革の質がまったく違います。左の方が革がフェラーリの内装っぽいです。
キャバリーノランパンテの色も右は黒いですし、左はギンギラです。またステッチの処理も違っています。
地味な方がいいのであれば右側の方がいいかもしれません。ただ僕は左側の方がいいなと思います。



ということでiPadケースも同じタイプのを使っています。ちょっといいでしょ?(^-^)

では、ごきげんよう。


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 07:27 |
  • comments(0) |
  • - |


フェラーリと共同開発したロードバイク「コルナゴ」愛用中


フェラーリの前からイタリアのロードバイク、コルナゴ好きでかれこれ3台ほど買っていました。

今は以下の2台だけですが、どちらもフェラーリと開発したカーボン技術が惜しみなくつぎ込まれていてとっても気に入っています。



COLNAGO C40 B-Stay。これがロードバイク競技史上、最大の勝利を稼いだフレームです。コルナゴ40周年記念モデルでもあり、フェラーリで言えば、F40みたいなものですね。フェラーリとコラボがスタートしたC35後継のフラッグシップモデルです。カンパニョーロで組んでいてメインのコンポはレコードです。古いフレームですが、車重7kgと見た目より軽く仕上がりました。乗るのは自分なのでエンジンはしょぼいですけど(^-^;)



COLNAGO C45 TT Chrono。完全にタイムトライアル専用車両です。ツールドフランスに参戦していたチームラボンバンクが使っていたワークスマシンを購入したものです。コンポはShimano Dura-Ace中心で組まれています。こちらはフェラーリで言えば、F1そのものなのですが、こちらも運転手の体力も技術もなさすぎなので、ゆっくり走ってます。見た目は最高ですね。

身体一つなのに乗り物を所有しすぎな感が否めませんが、いずれコルナゴ for フェラーリも欲しいなぁ。(^^;)

では!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 09:06 |
  • comments(0) |
  • - |


「Ferrari Sweet GT Days」行ってきました


現在開催中の「Ferrari Sweet GT Days」という正規ディーラーキャンペーンに行ってきました。スイーツと音楽とフェラーリを愉しみながら、カリフォルニア30かFFのいずれかを試乗できるというものです。女性同伴だと喜ばれそうなイベントです。

フェラーリ購入してから、初めて正規ディーラーということでなんかドキドキしながらドライブ。コーンズに到着。このフェラーリ東京ショールームは駐車場はタワー式で、入り口でF355のカギを預けてショールーム内に入ります。車庫入れ自分でしなくていいので楽チンですね。というか、このシステムだと変な車ではとても行けそうにない気がします。



店内の様子です。さすがにゴージャスです。週末ということもあってかなり賑わっていました。室内にはカリフォルニア30とフェラーリFFの2台が展示されていました。



飲み物とスイーツが運ばれてきました。ココアで表現された跳ね馬が素敵です。たまりませんね。



このスイーツは有名パティシエの辻口博啓氏とフェラーリとのコラボ。お上品なお味でした。辻口博啓氏はフェラーリオーナーでもあり、フェラーリ好きだという事でした。さすがです。



商談コーナーがいくつかありますが、この部屋はフェラーリの書籍がたくさん置かれていて、ここでしばらく過ごしたいぐらいでした。これが自宅の部屋なら最高です。



ショールーム内では、ヴァイオリンの生演奏が行われています。上流階級すぎて、中古フェラーリオーナーだと場違いな感じがします。



2Fには中古車コーナーもあるということでこっちの方が親しみやすそうです。512BB、テスタロッサ、カリフォルニア、430スクーデリアが置かれています。512BBは1800万円ということでちょっと欲しくなります。新車の価格に比べれると、麻痺して安く感じてしまうから怖い(^-^;)



奥にはフェラーリF1も置かれています。さすがコーンズといった感じですね。

さて今回はこの辺りで。次回、FFの試乗の話へ。


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 16:46 |
  • comments(0) |
  • - |


ジラール・ペルゴ フェラーリ クロノグラフ愛用中


Girard-Perregaux Ferrari Chronograph Ref.8020というフェラーリな時計を使っています。

フェラーリストアで売っている公式時計もありますが、スポーティーな感じで普段職場で使うにはちょっと抵抗があるように思うのです。もちろんフェラーリ乗るときにはばっちりではあるんですが、せっかくなので日常使って違和感ないものがいいと思って選んだのがこのジラールペルゴでした。



狙い通り、乗ってない時もさりげなく跳ね馬を身につけられて素敵な気分です。

いつでもフェラーリオーナーであることを感じさせてくれます。時間を確認するときに、ちらっと見えるキャバリーノ・ランパンテのエンブレムで気分が盛り上がります。しかも自分だけにわかる感じ。周りの人には特に注目されないのがいいのです。



裏蓋にもFERRARIの文字。リュウズにも跳ね馬が描かれています。

このさりげなさがたまらないです。

ジラールペルゴに限らず、パネライフェラーリやウブロも選択肢になると思いますが、古いフェラーリ乗りの僕には当時のフェラーリコラボ時計があってるかなと勝手に思っています。

では!


もしこの記事を気に入っていただけたら→フェラーリブログランキングにご協力を。

  • Category : My Ferrari Life |
  • 14:53 |
  • comments(0) |
  • - |
facebook